【屋上緑化施工で大切なポイント】防水


防水層の種類

屋上の防水には、施工する箇所や素材、屋上の用途によって適した防水技術があります。
代表的な工法としては大きく分けると、塗膜防水、シート防水、アスファルト防水の3つに分類されます。
(もちろんこれ以外の工法もあります。)

  • アスファルト防水
  • 塗膜防水
  • シート防水

建物の屋上には耐久性、安全性ではアスファルト防水を、軽量で、安価で簡単に改修するならゴムシート
防水を、改修が可能なベランダやバルコニーなどは綺麗に仕上がるウレタン防水とか塩ビシート防水を、
小さな面積の住宅にはFRP防水・・・
のように面積や場所、希望に合わせて防水層を使い分けします。

ここで、上記の主な防水タイプの特徴をみてみましょう。

アスファルト防水

アスファルト防水
もっとも施工されてるアスファルト防水。

アスファルト防水には・・
アスファルト防水、改質アスファルト防水工法、トーチ工法などの種類があります。
アスファルト防水は歴史的に一番古い防水手法で、最も信頼性が高い防水方法と言われています。
現在でも全国の約半分の防水工事はアスファルト防水で占められています。

二層以上を重ねて厚みのある防水層を作るため、水密性・耐久性ともに高く、施工の不具合が出にくい信頼性の高い工法です。
アスファルト溶融時に臭いと煙が発生するというデメリットがあります。

改質アスファルト防水は、ゴムもしくは樹脂を混合させ、材質を改良した改質アスファルトを使用したもの。
改質アスファルト防水工法とトーチ工法は、臭いや煙の発生がほとんどないので、住居者、近隣に対して
安全でより良い環境の中で施工ができる工法です。

アスファルト防水が施工されている屋上の改修工事の場合は、再度アスファルト防水を施工するのが一般
的です。例えば、アスファルト防水の上にウレタン防水を施工すると、液状材料に含まれるシンナーが既存
のアスファルトを溶かしてしまうなどのデメリットがあるからです。


塗膜防水

塗膜防水
施工性の高い塗膜防水。

塗膜防水には、ウレタン防水、FRP(エフアールピー)防水などの種類があります。

FRPとは繊維強化プラスチック(Fiber Reinforced Plastic)の略です。
FRP防水は、主に液状の不飽和ポリエステル樹脂に硬化剤と促進剤を加え混練し、ガラスマット等の補強剤と一緒に塗った工法。1〜2時間で硬化する。

液状材料を使用するので、フェンスの基礎、エアコンの室外機、TVアンテナなどの突起物が多く置いてある屋根やベランダなどによく使われる工法です。
工期が短く、施工場所の面積によっては1日で仕上げることも可能な工法です。
防水工事を行った箇所の上は歩行することが可能です。

ウレタン防水の場合、歩行可能とするためには、一般に3mm以上の厚さで塗ることが必要です。
FRP防水は、木造住宅のベランダ、駐車場、プールなどの防水によく使われている工法で、大変強度があ
って信頼性も高く、仕上がりもきれいなのが特長ですが、施工場所の面積によっては工期が2日以上かか
ることもあります。


シート防水

シート防水
施工スピードの早いシート防水。

シート防水には、ゴムシート防水、塩ビシート防水などの種類があります。
屋上やベランダの下地に、ゴムや塩ビ(塩化ビニル)でできたシートを貼りつければ工事は完成します。
工期が短く、施工場所の面積によっては1日で仕上げることも可能な工法です。

シートのつなぎ目に強度不足を生じやすく、外部からの損傷にもやや弱いので、施工後は定期的な点検が必要です。
シート防水の中でも、塩ビシート防水は大変よく使われている工法です。
防水工事を行った箇所の上は歩行することが可能で、物干し台などを置いたり、ご家族でバーベキュー
などを楽しんだりすることもできます。

ゴムシート防水には、一般に1.2mm程度のゴムシートが使われます。
ゴムシート防水は、屋上をほとんど使用しない場合に使われることが多い工法です。


そのほかの防水

A、モルタル防水

防水用混和剤を混ぜたモルタルをコンクリート表面に塗り付ける工法。
防水のグレードは低いので簡易な防水箇所に使用する。

B、ステンレスシート防水

ステンレスの薄板を現場で溶接して防水層を形成する工法。
耐久性や耐凍害性が良好なのだが高価。主に勾配屋根などに使用されている。

C、複合防水

2つ以上の異なる防水材を混合させて、更に防水機能を高めた工法。
塗膜防水層の水密性とFRPの保護機能を混合させたFRP複合塗膜防水などが有名。


屋上緑化に適した防水層

防水層は材質や工法、仕様によって性能が違ってきます。
一般の屋上防水と違って、屋上緑化をする屋上の防水は、緑化を行なうことで防水層の改修が難しい
ため、防水以外にも・・・

耐久性(防水層の寿命の長さ)
耐根性(防水層を植物の根から守る)
耐荷重性
耐薬品性
補修改修性(リフォーム性)
耐下地亀裂追従性
耐腐食性
などが求められます。

この中でも屋上緑化の防水で一番大切なのが、耐久性(防水層の寿命の長さ)です。
一度屋上緑化を行なったら、そうそう簡単に防水層の改修は出来ませんし、改修時に植物の移設費用
なども必要になりますので、屋上緑化の場合は、耐久性と安全性の高い防水仕様を選ぶことをおススメ
いたします。

この耐久性の目安は、セダムなどの薄層緑化や芝生などの防水改修の容易な緑化は、20年程度を。
また、屋上庭園や屋上菜園、ビオトープなどの改修の難しい緑化の場合は、50年程度を目安にしていた
だければ大丈夫かと思います。

※屋上緑化を行う場合の防水層の特徴をまとめておきましたので、参考にしてください。

評価項目
アスファルト防水
塗膜防水
シート防水
ウレタン防水
FRP防水
塩ビシート防水
ゴムシート防水
 @耐用年数(耐久性)
20〜60年
10〜20年
15年
10〜20年
10〜15年
 A耐荷重性
×
 B水分滞留による劣化
×
 C耐薬品性
 D補修改修性
×



屋上緑化はすばらしいですし、「あなたのしたい屋上緑化」が一番大切ですが、
建物の維持管理を考えた防水対策をして、屋上緑化計画を立てていかなければ、
あなた自身が後々後悔する屋上緑化になってしまいます。


上記のポイントをしっかり抑えて、「あなたの屋上緑化」を計画していきましょう。

屋上緑化情報ナビでは、
上記の内容をきちんと理解してくださる屋上緑化業者と、無料・匿名でご相談できます。
提案や概算見積も完全無料で受け取ることができます。
無料・匿名でやりとりできますので、しつこい売り込みを受ける心配も一切ありません。

◆まずは資料請求をしてください。
それから、ご家族でじっくりと屋上緑化について考えてみてください。
あなたとあなたのご家族が、心から満足できる屋上緑化が完成することを願っております。

詳しくはこちらをクリック

FX