【屋上緑化の計画で大切なこと】屋上緑化のイメージを長期的にきちんと考えていますか?

屋上緑化は、1年2年だけのものではありません。
今後、長い場合は何十年も付き合っていくものです。
ライフスタイルによって最適な屋上緑化は変わってきますので、
きちんと将来を考えた長期的なイメージをすることが重要になってきます。

特に考えなければいけないことについて、以下の3項目を説明します。

  • 希望と予算と敷地とのバランス
  • 屋上緑化のタイプについて
  • 屋上緑化のメンテナンスについて

希望と予算と敷地とのバランス


希望と予算と敷地とのバランスが大切です。

夢の屋上緑化を・・・となったとき、あなたには色々な希望が出てくるでしょう。

そこで大切なのは・・・
バランス、つまり「優先順位」の選択です。
あなたの予算や屋上の敷地面積には限界がありますから、限界のある中でも最大限、夢を叶えるためにバランスをとり、優先順位をつける必要があります。

あなたの『行ないたい屋上緑化』が優先順位の第一です!
ここが曖昧では、決して満足のいく屋上緑化なんてできません。

そして、あなたの『行ないたい屋上緑化』で・・・
絶対に譲れないのはどこなのか?
反対に譲ってもいい部分はどこなのか!

・・・をはっきりさせ、全体のバランスをとるように努力しましょう。

ここをはっきりさせてから、依頼が決まった屋上緑化業者とじっくり話し合い、
無理なく満足のできる屋上緑化を施工されることをお勧めします。


屋上緑化のタイプについて

屋上緑化には、さまざまなタイプがあります。

緑化の形態別でみても・・・
芝生型、草原型、セダム型、庭園型、菜園型、ガーデニング型、コンテナ型、ビオトープ型などがあります。

施工のパターンで見てみると・・・
平面緑化と言ったり、立体緑化、ビオトープ、屋上菜園・・などと分類したりもします。

どのようなタイプを施工するかで、緑化計画からメンテナンスまで、大きく変わります。

ライフスタイルによっても異なってくるでしょう。
どのようなタイプの屋上緑化を希望するのか、なぜそのタイプがご自分のライフスタイルに合うと思う
のかをはっきりさせ、具体的なプランを立てていきましょう。

タイプ別の参考としましては・・・
タイプ別屋上緑化プランの中で詳しく解説しています。
是非、一読していただければ・・と思います。


屋上緑化のメンテナンスについて

屋上緑化は、原則としてメンテナンスが必要です。
確かに屋上緑化はすばらしいですが、維持管理が無料なわけはありません。
植物は生きもの。日々生育してるわけですから、それに伴う管理は当然発生します。

屋上緑化を計画する段階から、管理にどれだけの手間や経費が必要なのか・・・
これについてしっかりとコスト計算をしていなければ、健全な屋上緑化とはいえません。
年間にどれだけの作業とコストがいるのか・・施工業者の方としっかり先を見据えた計画を立てて
ください。

自分のライフスタイルに合わせることも大切です。
普段から庭いじりや植物観賞が好きなら、手間のかかる緑化もいいでしょうが、
生活スタイルが時間に余裕もなく、管理に時間や経費を割きたくないないなら、
最初から管理の容易でコストのかからない緑化を選択するべきです。

しかし、メンテナンスを楽しむことができるのは、屋上緑化ならではの良さといえます。
植物から与えられる自然の癒し効果などは、きっとあなたの日常を潤すはずです。
前向きに管理を楽しむ習慣をつけたいですよね。

屋上緑化を行なうには、上記の3点について、希望や疑問点を洗い出しきちんと屋上緑化業者に
伝えることで、デザインの良さだけではなく、あなたやご家族のライフスタイルに合った理想の屋上
緑化に近づけることができるでしょう。

実は、屋上緑化が完成して最も後悔するのは、
デザインではなく、上記の3点についてきちんと検討せず業者任せにしたことで起こる、
さまざまな不備や不便さなのです。

屋上緑化情報ナビでは、
上記の内容をきちんと取り入れてくださる屋上緑化業者と、無料・匿名でご相談できます。
提案や概算見積も完全無料で受け取ることができます。
無料・匿名でやりとりできますので、しつこい売り込みを受ける心配も一切ありません。

◆まずは資料請求をしてください。
それから、ご家族でじっくりと屋上緑化について考えてみてください。
あなたとあなたのご家族が、
心から満足できる屋上緑化が完成することを願っております。

詳しくはこちらをクリック

FX