【屋上緑化施工で大切なポイント】芝・地被植物


屋上緑化の樹木:芝・地被植物

地被植物(ちひしょくぶつ)とは地表面を覆って地肌を隠す為に植栽する植物のことで、草丈が
低く性質強健な木本及び草本類のことをいいます。
グランドカバープランツ(ground cover plants)ともよく言われます。

意味する範囲が広いですから、芝、コケ、屋上緑化でよく利用されるセダムや常緑キリンソウなど
も含まれます。 ここでは芝だけ別に取り扱いしていますが、芝は種類も豊富で地域により使用され
るものにも特徴がありますので、あえて別にして説明させていただきました。

またここでの地被植物として、屋上緑化でよく使われているものを紹介しています。

屋上緑化の地被植物:芝について

芝には、暖地型のものと寒地型のものの2種類があります。

暖地型の芝には・・・
日本芝系のノシバ、コウライシバと西洋芝系のバミューダグラス 、セントピードグラスなどがあります。
日本の関東から南の大半地は温暖地になりますので、暖地型の芝が主に使われています。

寒地型の芝は・・・
ほとんどが西洋芝で、ベントグラス類、ブルーグラス類、フェスク類、ライグラス類などがあります。
日本では、北海道や東北、中部山岳など夏の涼しい地域では、寒地型の西洋芝がよく使用されています。


暖地型の芝は、生育適温が20℃〜25℃以上で、気温10℃以下になると生育が停止して表面上は
茶色く枯れた状態になります。 これは寒さや風による乾燥のために秋、冬の時期は休眠状態にな
るからです。 しかしまた、春になると新芽を出し生育を始めます。
一般的に乾燥には強いですが、耐陰性は弱いですね。

一方、寒地型の芝は生育適温が15℃〜20℃で、気温5℃以下になると生育が停止します。
こちらの芝は、成長速度が速く、 乾燥に対して弱いものが多いので、メンテナンスでは日本芝よりも手が
かかりますね。 しかし、暖地型と違いは、冬でも美しい緑を保ち日照不足にも耐えてくれますし、 種子で
簡単に増やすことができる・・といった長所があります。

分類
日本芝
西洋芝
生育適温
  暖地型芝生 (夏芝)
  ノシバ
  コウライシバ
  バミューダグラス
  セントピードグラス
  20℃〜25℃
  寒地型芝生 (冬芝)
  
  ベントグラス類
  ブルーグラス類
  フェスク類
  ライグラス類
  15℃〜20℃

上述の暖地型芝や寒地型芝には、ノシバ、コウライシバやバミューダグラス 、セントピードグラス、
ベントグラス類、ブルーグラス類、フェスク類、ライグラス類など各種の特徴を持った芝が多数あります。

それぞれ病気に強いとか、暑さに強いとか・・特徴がありますが、分かり易く項目別に掲載してみました。
住んでる地域の環境性などを考えて芝の選択も行ないましょうね。

葉の幅
耐暑性
耐旱性
     ライグラス類
     フェスク類
     センチピードグラス
     ノシバ
     ブルーグラス類
     コウライシバ
     バミューダグラス
     ペントグラス類
     センチピードグラス
     バミューダグラス
     コウライシバ
     ノシバ
     ブルーグラス類
     ペントグラス類
     ライグラス類
     セントオーガスチングラス
     ノシバ
     コウライシバ
     バミューダグラス
     センチピードグラス
     フェスク類
     ブルーグラス類
     ライグラス類
     ペントグラス類
耐病性
耐磨耗性
過度の損傷からの回復力
     ノシバ
     コウライシバ
     センチピードグラス
     バミューダグラス
     フェスク類
     ライグラス類
     ブルーグラス類
     ペントグラス類
     ノシバ
     コウライシバ
     センチピードグラス
     バミューダグラス
     フェスク類
     ライグラス類
     ブルーグラス類
     ペントグラス類
     バミューダグラス
     センチピードグラス
     コウライシバ
     ノシバ
     フェスク類
     ペントグラス類
     ブルーグラス類
     ライグラス類


屋上緑化の地被植物:セダムについて

セダム

屋上緑化ではよく使用されてきている「セダム(sedum)」は、あまり関心のなかった方には
珍しい名前かもしれません。

セダムは、ラテン語でsedre(座る)の意味に由来しています。
これは、岩石や壁に着生する特性にちなんで命名されたということ。
植物図鑑では「野草」として掲載されたりしています。

年齢の高い方には、「マンネングサ(万年草)」「ベンケイソウ」と言ったほうが馴染みがある
かもしれませんね。 植物学的には「ベンケイソウ科」に属しています。

特徴は、多肉植物で乾燥に強く、繁殖力が旺盛なため切れた茎を放置しても簡単に活着
します。多くの種類は、春から秋には緑色で、冬には赤から褐色を呈し、初夏に茎の頂に
黄色い小花をつけます。


屋上緑化の地被植物:コケについて

コケ

国歌『君が代』にもありますが・・・「こけ」のむすまで・・。
というほど、繁殖力旺盛で緑豊かなコケ。

そのコケの種類は日本には約2,500種もあります。
その中でもスナゴケ(ギボウシゴケ科)やハイゴケ(ハイゴケ科)は、乾燥や強風、湿度をものともせず旺盛に繁殖し緑を形成してくれます。

他の屋上緑化の方法は、緑の育成のためにある程度の植生地盤としての土壌が必要ですが、
コケには根が無いので必要な水分、養分は空気中から吸収し、生育に土壌を必要としません。
ここは大きな特性ですよね。

また、コケは同じ種類であっても、様々な色彩を放ち生育していきます。
これはコケが、生育環境の微細な環境条件に反応しているからです。
季節・気象・光の明暗・基物の性質・他の生物からの影響などによって色や形態は固定されること
はなく、その環境変化に順応して生育し、多用な生態系を形成していく生命力の強い植物です。


屋上緑化の地被植物:常緑キリンソウについて

常緑キリンソウ

キリンソウ?・・って方も多いかもしれません。
キリンソウは、セダムと同じベンケイソウ科の多肉植物です。
学名は、ベンケイソウ科マンネンソウ属キリンソウ。

キリンソウの由来は、中国の古書に出てくる想像上の動物、麒麟(きりん)に由来すると言われ
ている縁起のいい植物です。キリンソウは日本各地の山地や海岸の乾いた岩の上などに自生
する植物で冬期間は落葉します。

しかし、常緑キリンソウは品種改良を行った結果、一年を通して緑を保つ様に改良した新品種で、
屋上緑化にもよく使用され始めました。

天然雨水が当たる所であれば3−5cmの薄層土壌で、灌水設備が無くても生育が可能で非常に乾燥
に強いことから植生が困難な屋上などにも適している植物です。生息温度−30度〜+40度と日本全
国どのような条件下でも生息が可能です。
薬用効果もあり蚊、蜂などの虫刺されとか浅い切り傷等にも効きます。


屋上緑化の地被植物:イワダレソウについて

イワダレソウ

イワダレソウは、クマツヅラ科イワダレソウ属の多年生植物です。
日本では野生種が伊豆半島〜南西諸島の海岸地域に分布し、世界的には約200種類あるといわれています。

イワダレソウは、茎は細長く、基部で枝分かれして地表を這い、節々から根を下ろします。
そして、各節から葉を出し、葉は対生で、倒卵状楕円形で鋸歯があり、長さは1-4cmで厚いです。 花は夏から秋に咲きます。葉の付け根から柄が伸びて少し立ち上がり、その先端に楕円形の
花序が付きます。花序は穂状花序ですが、花の間が詰まっていて、ちょうどワレモコウのような形
になるのが特徴。花はその表面に花びらを広げ、紫色です。

耐寒性もそれほど強くなく、冬場は休眠期に入ります。が、今では品種改良して開発し、耐寒性も
強いイワダレソウも出てきて、屋上緑化や矩面緑化に使用されています

屋上緑化の樹木植樹に戻る



屋上緑化はすばらしいですし、「あなたのしたい屋上緑化」が一番大切ですが、
目的や環境、構造仕様に合った芝や地被植物選びで屋上緑化計画を立てていかなければ、
あなた自身が後々後悔する屋上緑化になってしまいます。


上記のポイントをしっかり抑えて、「あなたの屋上緑化」を計画していきましょう。

屋上緑化情報ナビでは、
上記の内容をきちんと理解してくださる屋上緑化業者と、無料・匿名でご相談できます。
提案や概算見積も完全無料で受け取ることができます。
無料・匿名でやりとりできますので、しつこい売り込みを受ける心配も一切ありません。

◆まずは資料請求をしてください。
それから、ご家族でじっくりと屋上緑化について考えてみてください。
あなたとあなたのご家族が、心から満足できる屋上緑化が完成することを願っております。

詳しくはこちらをクリック

FX