【予算を決める際に大切なこと】予算はあいまいにせず、明確な金額を決めることが大切

屋上緑化の施工計画を立て始めてすぐでは、
はっきりとした予算はなかなか決まらないと思います。

ですが、予算があいまいですと、屋上緑化業者ははたしていくらの予算に対する提案をするべきかが
決まらず、最終的な打ち合わせの段階であなたと屋上緑化業者の間での意見や提案のズレが出て
きてしまう場合も少なくありません。

ですので、
「予算は、いくらです。
この予算で、可能な限り希望を取り入れた最高の屋上緑化を施工してください。」

と伝えることが大切です。

良心的な屋上緑化業者は、あなたの提示した予算内でベストな提案をしてくれます。
明確な予算を伝えることは、後悔しないための重要なポイントになります。

ただ、屋上緑化は価格の相場もわかりづらいものです。


屋上緑化の費用について

以下に、屋上緑化の相場についてご説明します。
これを知っているだけで、単価が適正か高いかがわかるようになります。


一般的な住宅で、よく「坪単価●●万円」などという言葉をお聞きになったことがあると思います。
この「坪単価●●万円」というのが住宅業界の共通の表現になっています。
例えば、「坪単価30万円」で建坪が50坪なら総額で大体1,500万円程度だなと大体の予想が出来ます。



目安となる概算の坪単価は9万円位

しかし、屋上緑化に関しては、タイプ別屋上緑化プランの中で詳しく解説していますが、施工パターンやそれぞれの緑化形態別によって、使う植物や材質、デザインとか施工面積などにもより全く異なります。
つまり、ある程度の施工パターンでの施工を計画してから費用のチェックをした方がよい・・・ということです。

ただ目安となる概算の坪単価は、1坪あたり9万円位
(平均価格約3万/uで計算・緑化面積200uの場合)

これが、屋上緑化工事の平均価格相場だと覚えておいて下さい。

芝生緑化なら1.5万/uから2万円/u、セダム緑化なら2万/uから3万円/u
  低木緑化なら3万/uから4万円/u、庭園型緑化なら5万/uから7万円/u (緑化面積200uの場合)※

費用としてこの他にも・・・
実際の施工に至るまでに「屋上への荷揚げ費」「散水管・自動潅水装置費」「耐根シート費」
「防水シート費」「土壌費」「排水管設備費」などがありますが、選ぶ植物や施工タイプ・現状の
屋上の状態により、割愛出来る項目も発生します。


ですので、上記を踏まえた上で屋上緑化の計画していけば、あなたが満足する屋上緑化を完成
することは十分に可能です。
しかも、この金額であれば、かなり良い屋上緑化ができると思います。
もちろん、この目安は平面緑化や立体緑化などを含んだものなので、平面緑化だけなら、この金額
以下の価格(半額)でも十分に良い屋上緑化をする事は可能です。

また、各自治体では屋上緑化に対しての助成金制度を設けているところが多くあります。
状況によっては、半額以上が助成金でまかなえる場合もありますので、手持ちの資金以上の緑化
工事も可能となります。

上記を参考にして、見積書で1坪当たりの単価がこの金額以上になる場合には、もしかしたら相場
より価格が高いケースも考えられますので、 判断の目安として下さい。

※(注)もちろん、あなたのご要望内容や使用する材料・現在の屋上の状態がよくない場合などによっては、
上記の目安を超える場合もあります。あくまでも目安でして絶対値ではありません。

あなたの屋上面積を坪換算して考えてみましょう

下記のスペースに坪、または u(平米) の値を入力し、『坪 ⇔ u 計算』ボタンを押して下さい。

u⇒坪 坪⇒u どちらでも自動計算できます。
※記入はすべて半角数字でお願いします。

平方メートル (例:タテ3m×ヨコ6m=18u)
u
  

よりよい屋上緑化を行なうためにも、予算や費用についての希望や疑問点を洗い出し、きちんと屋上
緑化業者に伝えることで、デザインの良さだけではなく、あなたやご家族の満足のできる理想の屋上
緑化に近づけることができるでしょう。

屋上緑化情報ナビをご利用いただくことにより、無料・匿名で緑化業者に相談することができます。
また、あなたの予算に合った、最適な提案や見積を受け取ることができます。
匿名でのやりとりから始まりますので、嫌な売り込みなどを受ける心配も一切ありません。

◆まずは資料請求をしてください。
それから、ご家族でじっくりと屋上緑化について考えてみてください。
あなたとあなたのご家族が、心から満足できる屋上緑化が完成することを願っております。

詳しくはこちらをクリック

FX